次のカスタマイズはこれだ!Zooper、Themer、Buzzのようにテーマを適用、レイヤー単位で細かくパーツを自作できる「ライブ壁紙」

公開日: 2014年10月20日 KLWP ライブ壁紙

「KLWP: Kustom Live Wallpaper HD」といいます。

Playストアにありますが、現在ベータ版のためオプトインしたユーザーしかダウンロードできません。

βテストに参加するにはこちらのGoogle+コミュニティから参加を申し込む必要があります。

コミュニティに参加→βテスターに参加→アプリをダウンロード という手順を踏みます。

インプレッション



KLWPはその名の通りライブ壁紙アプリです。
レイヤーの概念を持ち、ライブ壁紙を思い通りに作ることができます。



Zooperと同じような意味合いの課金版も存在します。
というのも、SDに保存したものやPlayストアで販売されているテーマを適用するためには課金が必要です。プリセットされたテーマを使う、自作する場合は無料のまま使えます。

とりあえず開発支援と思って課金してみました。



こちらはシンプルなカスタマイズができるBasic Customize項目。



更に細かい変更を加えるAdvanced Editorでは、ズーム機能や壁紙枚数の指定などが行えるようになっています。
Zooperみたいに指定のパーツのみ確認しながら調整することもできます。

動きはこんな感じになります。


Mapdd for Kustom - Google Play の Android アプリ

こちらのテーマのPVです。

カスタムウィジェットではなくライブ壁紙を使うメリットとしては、やはりアニメーションの滑らかさがあるのではないでしょうか。
Popup Widget2を使ったとしても「切換え」のみでアニメーションを実現するのはなかなか難しいですからね。

さらに、壁紙になるため自分の端末の解像度にピッタリ合わせられるところもメリットかと思います。

加えて、時計や天気などは別にタップできる必要性がない(タップしたい場合透明のショートカットを重ねても良い)ためライブ壁紙であることが逆にデメリットになるといったこともなさそうです。

もう少し使ってみて、概要を掴んだら何か作ってみようかな。

既に結構な数のテーマが販売されているのでそちらを使うのももちろんアリです。

そんな感じ。

0 件のコメント :

コメントを投稿

いつもご覧いただきありがとうございます。
質問やご意見がありましたらこちらからどうぞ。
返答まで時間がかかる場合があります。