KLWPで音楽再生中に動くシークバーを作ってみた(Komponent配布)

公開日: 2014年11月15日 KLWP ライブ壁紙


KLWPについてはこちら

どちらかというと、触ってコントロールできないのでプログレスバーになるんでしょうか。
動画がうまく撮れなかったので今回はありません。



こんな感じ。

作り方



構造は比較的簡単です。
ImageでもShapeでもTextでも、動かしたいレイヤーの「PADDING」にMUコマンドを挿入するだけです。
今回は左から右に動かしたかったので「Left」に挿入します。

使うコマンドは MU_TRACK_PERC です。



が、ただ書き込んでもうまくいきません。
それはこのコマンドが「現在の再生位置を%表示する」もののため、単純にこのコマンドだけを使うと100ピクセルまでしか動きません(0%→100%の「100段階」しかないため)。



そこでこうします。

この数式について、正直何がどうなっているのかサッパリわかりませんw
KustomのGoogle+コミュニティに投下されたこのコメントを見るとわかるかも?

※一応念のため、この式はAlexT.さんの作ったものを使用させていただいています。

Komponentにしました


MediaFire


ダウンロードしたZIPファイルを、

/内部ストレージ/Kustom/Komponents

の中に入れます。今回は「Wallpapers」ではありません。



Komponentを適用する時は、一旦Advanced Editに入って「Komponent」レイヤーを追加します。



「SD Card」を選ぶと出てくるはずです。



追加しただけではKomponentはロックされていて中身を確認できないので、アクションバーの南京錠ボタンを押してロックを解除します。

そんな感じ。

0 件のコメント :

コメントを投稿

いつもご覧いただきありがとうございます。
質問やご意見がありましたらこちらからどうぞ。
返答まで時間がかかる場合があります。