第十回:マテリアルなドロワーのように「枠の中を円形に広がる」アニメの作り方【HowTo Kustom】

公開日: 2016年2月28日 HowTo KLWP ホーム画面 ライブ壁紙


っていうHowTo講座をやとうろ思ったんだけどやめました。なんでかって?

やろうと思ってたことと完璧に一致し、なおかつスケールもクオリティも遥か及ばない極高レベルのテーマが配布されていたからです。



KLWPのアニメーションを極めるとこうなるという例

こちら(Google+)で配布されていたものです。
製作者は +Ariful Islam さんという方です。

何がどうなってるのか…は、テーマを適用してエディタをご確認ください。これを1画面でやっちゃうんだからKLWPの可能性の高さが窺えます。

多くのアプリがそうであるように、変形後は"余白"をタップすると元に戻る仕掛けになっています。

原理の1つを解説(せっかく作ったから…)


とまぁこんな感じに動かすこともできます。
ポイントは「透過」は使わないところ。使ってもいいけど、別のやり方もあります。

KLWP アニメ  作り方

※説明しやすいように、選択中のレイヤーを薄暗くしています。

まず、図形レイヤーの「塗り」に「ストローク」を指定。これは図形の輪郭のみを描くものです。
そしてストロークを思いっきり太くします。横幅を画面幅よりも大きくしたら、四角い領域ができあがります。

続いて同じレイヤーの「FX」の「マスク」に「背景」を指定します。これを指定すると、そのレイヤーの「塗り」の色は無視され、背景に指定したものが映るようになります。
※ただしレイヤーをグループに入れてしまうと「背景」を指定できなくなりますのでご注意ください。

あ、壁紙画像は背景(ルートディレクトリ)に指定してくださいね。こうするとスクロールありでもちゃんと動いてくれて便利です。

以上。たったこれだけでほぼ完成です。あとは、この図形レイヤーの背後に更に図形レイヤーを置き、形を円形にしてグローバルスイッチに連動するアニメを仕込み、スケールインさせるだけです。
真円ではなく楕円にしても面白いですよ。

一応作ったテーマはこちらからどうぞ。


そんな感じ。

0 件のコメント :

コメントを投稿

いつもご覧いただきありがとうございます。
質問やご意見がありましたらこちらからどうぞ。
返答まで時間がかかる場合があります。