【非root】Android 6.0 Marshmallowで「タスク切り替えボタン」を作る【Nougatモドキ】

公開日: 2016年9月21日 Tips アプリ 非root


Androidの次期バージョン 7.0 Nougat(ヌガ)ではタスクボタンの挙動が若干変更され、1つ前のアプリに簡単に戻れるようになっています。

こうした動き自体は古くからパソコンにも実装されていたもので、いわゆるAlt+Tabというやつに近いものになります。

この動きをAndroid 6.0以下でも実現する方法があります。



2つのアプリを掛け合わせる

Google play LAS: Last App Switcher
LAS: Last App Switcher
制作: InPen
評価: 4.4 / 5段階中
価格: 無料 (2016/9/21 時点)
posted by: AndroidHTML v3.1

まずは動き自体を取り入れるためにこちらのアプリをインストールします。


Last App Switcherは使用履歴へのアクセスを必要としています。当たり前だw


これはアプリの初回起動時に表示されるので、ボタンを押して許可してください。


デフォルトでは画面内にフローティングボタンを置いて使うタイプが選択されているので、「ショートカット」をタップしてボタンを消します。

これでLast App Switcherがショートカットとして呼び出せるようになります。


そして、この前書いた「All in one Gestures」で好きなボタンにショートカットを割り当てます。

非rootでナビバーとハードキーをカスタムできるアプリ「All in one Gestures」はXperiaでもMarshmallowでも使えた! 以上です。

※なお、Last App Switcherは遡ることしかできません。1つ前のアプリに戻った後でもう一度発動した場合、1つ後のアプリではなく2つ前のアプリに遷移します。

とはいえ昨今のRAM容量が増えた端末では複数のタスクを保持できる場合が多いので、結構役に立つと思います。

そんな感じ。

0 件のコメント :

コメントを投稿

いつもご覧いただきありがとうございます。
質問やご意見がありましたらこちらからどうぞ。
返答まで時間がかかる場合があります。